関西から高山へのバスアクセス

関西方面から高山に公共交通機関で行く場合、JR線がまず思い浮かぶかもしれませんが、大阪、京都から直通のJR特急ひだ号は1日1往復のみです。

残りのひだ号は名古屋発着となり、途中岐阜駅を経由することにはなりますが、関西方面からJR岐阜駅には行きやすいとは言えません。
新幹線の場合は岐阜羽島駅が最寄り駅となるわけですが、岐阜羽島から岐阜へは名鉄を利用する必要があり、最低でも30分程度はかかってしまいます。
また岐阜羽島駅には新幹線ののぞみ号は停まりません。

こうなると、利便性からみてもJR線利用の場合は名古屋駅まで新幹線で出て、そこからひだ号に乗り換えることになります。
若干遠回りにはなりますが、これが現実的なルートであることが多いでしょう。
せっかく新幹線や特急を使いながら遠回りになるために時間もお金も余分にかかってしまいますが、仕方がありません。
しかし、関西方面と高山との間のアクセスに関しては、実はバスが運行されています。

もちろん高山まで直行するバスで、途中の乗り換えなどは必要ありません。
便数は1日4往復、所要時間は大阪から5時間40分程度、京都から4時間20分程度となっています。
所要時間はともかくとして、バスが優位であるのはその運賃です。
大阪から片道4700円、京都から片道4200円であり、おそらくJR線利用の場合の半額程度となるでしょう。
関西方面から高山に行くにはバスが非常に便利だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です