八方尾根のリフト券について

白馬の雪山である八方尾根には様々なリフト券が販売されています。

それらの中で最も一般的で人気のあるものが1日券です。これは大人料金5200円、子供料金3000円、シニア料金4700円であり、購入した日の午後5時まで利用することができるものです。1泊2日の旅行としてやってきて、思いっきりスキーで滑りたいという方々に好評となっています。またこの1日券の他にも2日券や午前だけの午前券や午後券なども販売されており、滞在予定期間や目的などに合わせて利用することができます。

八方尾根で販売されているリフト券の中には、特別割引券と呼ばれているものがあります。これは何月から何月までというような、一定の期間だけ販売されているものであり、通常料金よりも安価になっています。初滑り割引1日券では、シーズンオープンから12月の半ばまで販売されており、大人4000円、子供2300円です。また12月から4月までの毎月第3日曜日には、子供料金が無料となるスキー子供の日券が配布されています。

白馬の八方尾根ではシーズンオープンから5月上旬まで利用することができる、いくつもの種類のシーズンリフト券が販売されています。オールシーズン券では通常料金7万円で、シーズン中いつでも好きなだけ利用することができます。また平日シーズン券では、通常料金5万2000円で、シーズン中の平日中であれば好きなだけ滑ることができます。子供のための子供シーズン券もあり、小学生であれば3万4000円で利用できるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *