高速バスが外国人観光客の間で人気を集めている理由

近年は訪日外国人観光客の数が増加し、東京・京都・大阪には海外からの観光客の姿を見ることが多くなりました。

最近は訪日外国人観光客の間で高速バスが人気を集めています。バスを利用すれば安価に移動することができるというメリットがありますが、別の目的でも利用されています。夜行便の高速バスは深夜遅くに出発をして翌日の早朝に目的地に到着します。

高速道路の渋滞に備えて、少し早めに到着するように時刻表が設定されています。そのため、早めに目的地に到着しても正規の到着時間になるまでバスの車内で滞在することができます。移動することに加えて夜を過ごす目的で、外国人観光客の間で高速バスが注目されています。

夜行便を利用すれば新幹線よりも安い料金で移動することができる上に、宿泊費用を節約することもできます。最近は首都圏や関西圏でホテル不足が問題になっており、利用したくても予約が取りにくい状況です。

そのため、不足している宿泊施設の代わりにバスを利用する観光客がいます。長距離の高速バスの中には、ゆったりした広めのシートや個室のような座席を備えたバスも運行されています。このようなバスは新幹線を利用するのと同じかそれ以上の料金が設定されていますが、交通費と宿泊費をセットにして考えるなら安上がりです。

一般的に高速バスと聞くと安いけど疲れるというマイナスのイメージを持つ人も多いのですが、コストパフォーマンスを考慮すれば飛行機や鉄道を利用するよりも効率が良いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *