高速バス車内でスマホやパソコンの充電をする方法とは

スマートフォンがあれば旅行をする時に地図を調べたり、移動中に暇潰しをして過ごしたりするのに便利です。

ただし、バッテリーが切れてしまうと調べ物や連絡ができなくなってしまうので、旅行中はホテルで充電をしておく必要があります。夜行高速バスをホテル代わりに利用することができますが、バスの車内にも電源プラグが座席に備え付けられているケースが増えています。

夜間に移動中に充電をすることができれば、目的地で電池切れになる心配がありません。全ての高速バス車内に電源プラグが備え付けられている訳ではないため、電源プラグ付きのバスを選ぶ必要があります。インターネットの予約サイトを活用すればバスの車内設備を調べることができるので、乗車中にお充電ができるバスを選ぶ事ができます。

車内に充電用のプラグが設置されていない場合でも、出発地の待合室で充電ができる場合があります。早めにバスターミナルの待合室に行けば、充電をしてから乗車することができます。高速バスで移動する間にスマホの充電をする方法は、バスに備え付けられている電源によってやり方が違います。

USBタイプの電源であれば、USBケーブルを接続するだけでスマートフォンの充電ができます。家庭用の電源タイプのプラグであればノートパソコンの充電も可能で、スマートフォンであればアダプタを接続します。多くの乗客が同時に電源プラグを利用すると電圧が低下して時間がかかってしまうので、このような場合にはデバイスをスリープモードに入れるか電源をオフにしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *