高速バスなら早朝に目的地に到着できる

旅行や出張などで長距離移動をするとき、通常は鉄道や飛行機を利用するかもしれません。

鉄道なら新幹線が北海道から九州まで走っています。ただどちらも運賃がそれなりに高く、早朝便などを用いても朝一番で到着するのはどうしても9時や10時などになってしまいます。もっと安く現地で早朝から活動できるようにするにはどうすればよいかですが、方法として高速バスの利用があります。

鉄道や飛行機に比べて多くの便が利用できるようになっています。値段の安さもメリットですが、まずはドアツードアで行けるところがあるでしょう。鉄道や飛行機は駅や空港までしか行けません。目的地がそれらの近くにあればよいですが、必ずしも近くにあるとは限りません。

どうしても乗り換えが必要で、荷物がたくさんあるときは大変です。高速バスは基本的にはバスターミナル行きですが、いろいろな停留所を設けてくれています。その地域の主要な観光地や、宿泊施設などを経由してくれるので乗り換えがいりません。その他の高速バスのメリットとして、早朝に到着する便が多い点があります。出発は大抵前日の夕方から深夜になります。

そして到着は翌日の早朝から9時や10時等になります。早めに出発している便だと6時ごろには到着するので、現地でゆっくり休憩した後にその日の活動が始められます。会議などの仕事でも、始業にしっかり間に合わせられます。深夜に出発する便であれば多少遅くなるものもありますが、それでも8時ぐらいには到着してくれるので新幹線等よりも早く活動ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *