岐阜はラフティングの宝庫

ラフティングというスポーツをご存知でしょうか。

一人ないしは二人乗りのカヌーだったり、6人程度のゴムボートで川を下っていくレジャーですが、特に急流で狭い川が多い日本ではスポーツ感覚で行われることが少なくはありません。ラフティングが盛んな場所には、一つの共通点として、内陸部が多いです。川は海までつながっていますが、河口部に近づけば近づくほど、広くなり流れが緩やかになってしまいますので、なかなかラフティングとしては向きません。

大前提として、急な流れが少しでもある事で、その場所がアクセントとなりよりスポーツ感覚が研ぎ澄まされます。日本で、最も盛んに行われている場所の一つが岐阜です。岐阜県は山間部と平地に割合が、丁度良い比率になっており、急な流れの河川がいくつもあります。難易度の高い急流がいくつも続く場所もあれば、観光客が楽しめるような適度な速度で楽しめるエリアも存在します。

ラフティングは基本的にはインストラクターと一緒に進みますので、その土地ごとにレジャー施設があり意外にリーズナブルな価格で楽しむことができます。岐阜のラフティングツアーなども大手の旅行代理店で企画されるぐらい需要のあるレジャーとして、特に春からの過ごしやすい時期から秋までのシーズンは非常に多くの観光客を誘致しています。

特に最近の日本は猛暑の夏が続いていますので、つかの間の涼を求めて訪れる人も増えておりエコの観点からも注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *