ラフティングは岐阜がおすすめな理由とは

ラフティングというのは大型のゴムボートを使った川下りであり、海外では川でのレジャーとして広く認知されています。

カナダやニュージーランドではラフティングをするために適した急流の川が多く、特に人気なレジャーになっているのは間違いありません。日本の場合は大きな河川というのが少なく、しかもレジャーとして使える急流の河川が限られていることもあって、広くは浸透されていないというのが実情です。海外と比較するとマイナーなイメージがある日本のラフティング事情ですが、それでもスリルと共に複数で協力して急流を下るという連帯感を感じたい人が増え、徐々に認知度が高くなっています。

問題なのはある程度の水量と幅、それに加えて急流の度合いも必要なので適合する河川が少ないということですが、その中で注目されているのが岐阜県です。岐阜は知られているように山がほとんどを占めている場所であり、しかもその山は高く切り立ったものが多くなっています。

そんな地域なので急流な河川がとても多く、しかも雪解け水などの水量が豊富なところが幾つも存在しているので、ラフティングをするための好条件が揃っていると言えるでしょう。以前まで岐阜というのは移動するための交通網の整備が遅れていたところがありましたが、現在は新幹線が配備されたり道路環境が整ったこともあり、とても行きやすくなっています。日本は四方を海に囲まれているので海でのレジャーを行う人が多くなっていますが、これからは河川を使ったレジャーも注目されていくのは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *