「トイレづまり」といえば岡崎

現在「トイレづまり」でお困りですか。以下のような問題はありますか。「水を流した後水位が高くなって徐々に下がる」、「タンクから水は出るけど便器の流れが悪い」、「タンクから水がちょっとしか出ない」、「水を流した後にゴボゴボ音がする」などお困りですか。「トイレづまり」の原因は大まかに2種類あります。

「水流が弱くてつまる」そして「異物などを流してつまる」ケースがあります。異物というのは具体例を挙げるとトイレットペーパーの使い過ぎの他「介護用品や生理用品」、子供のおもちゃなどの「プラスティック製品」、「掃除道具や眼鏡やアクセサリーなどの小物」、ペット用品などに使う「トイレ砂」、トイレに置いてある「タオルや置き物」などです。「トイレづまり」の岡崎に依頼する前に、自分で直せるか確認します。まず「トイレの流れが悪いとき」はトイレタンクのふたを開けてください。

タンクの中の水は十分ありますか。中には適切な水位地を示す「水位線」があり、2センチ3センチ下に水があればタンクの水不足です。タンクの水を適正な位置まで満たしてください。トイレのトラブルはスピード勝負です。

もし直ぐに「トイレづまり」の岡崎を呼べない場合は「お湯(熱湯ではなく50度位)」を用意し便器に流してください。15分から30分ほどで解決できるケースもあります。その他「ラバーカップの使用」や重曹とお酢を組み合わせ、後からお湯を流し込む方法もあります。これで解決できなければ「トイレづまり」の岡崎が駆け付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です