一宮のトイレづまりを直すなら

どんなに気を付けて使っていても、一宮でトイレづまりが発生してしまうこともあります。その場合は簡単にできる解消法を試してみると良いでしょう。トイレットペーパーの原材料はお湯を使うと柔らかくなり、解れやすくなるという性質があります。そこで40~50度のお湯を使用し、一宮のトイレづまりを解消する方法があるのです。

まずは便器内に溜まっている水をバケツなどで抜きましょう。それからお湯を少しずつ流し込み、1時間程度そのままにしておきます。水位が下がってきた場合、バケツで水を流してつまりが解消されたかどうかを確認しましょう。つまりが解消されない場合は他の方法を試すべきです。

お湯を流すだけなので手軽に実践できることがこの方法の魅力です。一宮でトイレづまりが起こったら慌ててしまうかもしれませんが、このような方法もあると知っておきましょう。ちなみに、トイレの便器は陶器でできていることが多く、熱湯を流すと破損してしまう可能性があります。そのため沸騰した熱湯ではなく、手で触れるくらいの温度のお湯を使うことが大切です。

給湯器などがある場合はお湯を沸かす必要もないでしょう。お湯を使って一宮のトイレづまりを解消する場合、ある程度の高さからお湯を流し込むことがポイントです。また、便器内の水位が上がっていると、溢れ出てしまう可能性があるので一度水を抜いてからお湯を入れましょう。1時間くらいすればつまりが解消されていることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です