一宮で発生したトイレづまりに対して行える簡単な対策

トイレづまりが発生した際には、一宮の専門家に相談する前に、ラバーカップなどの道具で解決できるかもしれません。ただそのような道具がどの家庭にも用意されているとは限りません。しかしできるだけ早く直ってほしいはずです。そんな時は身近にあるものを使った方法を用いるという手もあります。

よくあるのはビニール袋を使用した簡易的なラバーカップで、便器の奥まで挿入した後に内側に水を入れると、排水口としっかり密着します。その状態で引っ張ると、ラバーカップと同じように圧力を発生させます。水を入れたビニール袋を上からぶら下げてはめ込む方法もありますが、しっかり奥まで挿入した方が高い効果が期待できます。ただ手を便器の中に入れることになるため、衛生面としてゴム手袋をはめるなどの対策をしましょう。

そしてビニール袋と同じような手軽さで行えるのは、水を流し込む方法です。バケツがあれば問題ありませんが、洗面器でもある程度の代用ができます。水の圧力によって状況を変化させるのが目的で、トイレットペーパーなど、力によって流れやすくなるものが原因となっているトイレづまりが対象です。その方法にはお湯を使うとより効果を高められることがありますが、基本的に熱湯は厳禁です。

特に冬場は一宮でも氷点下近くにまで気温が下がることがあるので、温度差によって便器が割れてしまう恐れがあります。もちろんこのような方法では改善されないトイレづまりもあります。そのため状況が悪化したり、手に負えないと思った時は一宮の専門家に依頼した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です