一宮でトイレづまりを直す方法

一宮でトイレづまりが発生した場合、なんとかして自力で直したいという人もいるかもしれません。しかし、自力で直そうとして逆に悪化してしまう可能性もあります。そのため注意をして作業することが大切です。無理矢理つまりを直そうとした場合、水が溢れ出てしまうこともあるのです。

トイレットペーパーというのはもともと水に溶けるようにできていますが、一度に大量に使うと一宮のトイレづまりの原因となってしまうこともあります。その場合はお湯を使った解消法を試してみると良いでしょう。これは簡単にできる方法ですし、特にリスクなどもありません。トイレットペーパーをふやかすという方法になるため、高温のお湯を使った方が効果がアップすると考えている人もいるかもしれません。

確かに温度の高いお湯の方が効率よくつまりを解消することができますが、便器自体が温度に耐えられないということも考えられます。そこで使用するのは熱湯ではなく、40~50度くらいのお湯を使うのがおすすめです。熱湯を使った場合、便器が壊れてしまうこともあるので注意が必要です。お湯を便器に流す時は、高い位置から注ぐということもポイントです。

高い位置から流し込むことにより、水に動きを与えることができるのです。お湯を注いだら30分程度放置しておきましょう。それでも一宮でトイレづまりが直っていない場合、再びお湯を流して様子を見るのがおすすめです。トイレットペーパーがつまっているだけなら一宮でトイレづまりはすぐに直ります。

しかし、自力で直す自信がないという場合、早めに業者に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です