給湯器交換のチャンス

「お風呂に入っていたら突然シャワーから水が出てきた。」こんな経験がある人も多いのでは。せっかくお風呂に入っていたのに台無しになってしまいます。毎日の生活に欠かせなくなった給湯器ですが、住宅設備系はだいたい10年を超えると故障が出始めてくるのが通常です。

修理で直るならまだ運がいい方で業者に見てもらったらほとんどは給湯器交換をすすめられます。何故かというと、使っている機種の部品の製造が終了しているからなのです。代替部品があったり部品交換を必要としない場合は別ですが、交換する部品が無ければ業者もどうすることも出来ないのです。製造製品系は、製品の製造が終了後5年または7年間は部品の在庫がありますが、それを過ぎると部品製造は終了となるのが業界の通例なのです。

結果、業者からでる言葉は「部品製造が終了して在庫が無いから給湯器交換しかないですね」となってしまうのです。逆に考えると10年も使ったんだから新しい給湯器に交換しましょう、といわれているようにも聞こえます。給湯器交換は製品そのものだけではなく設置費用も合わせると決して安い金額ではないので頭の痛い問題です。だましだまし使っていても結局最後は水しか出なくなるか、最悪、火事になってしまったなんてことがあったら一大事。

でも、住宅用のストーブや給湯器は新しければ新しいほど性能が上がっていますし省エネ効果も数段にアップしています。ここはひとつピンチはチャンスとわりきって、故障はランニングコストを下げるためと涙をぬぐってプラス思考に転じ、新しい製品に取り換えるためのチャンスとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です