脱臭装置の方式の種類

ひとくちに脱臭装置と言えど、脱臭方式にはさまざまな種類が存在しています。臭いの種類や性質を把握した上で、それに見合った用途の脱臭方式を備えた脱臭装置を選ぶことが重要です。あらゆる臭気に対応できる脱臭装置の方式として挙げられるのが、換気・希釈法です。臭いを希釈して、大量の空気を窓・排気口や煙突から換気および排出します。

またほとんどの成分に対応できるものに、臭気成分を高温で処理して分解する燃焼法が挙げられます。地球環境に優しい方法が、生物脱臭法です。微生物など生態系における物質循環作用を活用して、臭いのもとを分解して脱臭する方法です。自然の摂理を応用する方法では、オゾン層によって分解する原理を人工的に発生させるオゾン酸化法もあります。

同様に高電圧プラズマによって発生した活性酸素で行うプラズマ分解法、紫外線と酸化チタンを用いて行う光触媒分解法もその一種です。放電によって大気中の酸素をイオン化し、酸素クラスターとなった物質が臭気成分を包み込んでイオン分解する方法を酸素クラスター法と呼びます。一方で昔ながらの方法でもある、活性炭に形成される、小さな穴に臭気を吸収させて臭いをとる吸着法も一般的です。活性炭の形状は1つではなく繊維状や粒状、ハニカム構造など形状の種類は多彩であり用途や状態に応じて使い分けが可能です。

活性炭内に形成される細かい孔に臭気を吸着させて脱臭する方法。活性炭の形状は粒状、破砕状・繊維状・ハニカム状など多岐にわたり、使い勝手に優れています。吸着除去後の処理方法には、一般的な交換方式のほかに主として有機溶剤の除去に使用される、回収法(固定床式・流動床式)や濃縮法があります。他にも洗浄液を用いた洗浄法、超高分子化合物を含んだ水溶液を噴霧することで臭いをとる化学的捕捉法も用いられる方法です。

脱臭装置のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*