様々な方式がある!脱臭装置

脱臭装置が採用する方式によって特徴が違ってきます。最も知られているのが大量の空気や水でニオイを薄める換気や希釈ですが、この場合は原因となる臭気が微量であるという条件を満たさなければなりません。もしかなりの臭いが生じる場合は、換気や希釈では間に合わないため、よりシステム化された脱臭装置を利用することが求められます。目的によって違ってきますが、最も低コストなのが触媒分解法になります。

特殊な触媒に臭いを接触させることで、化学分解するもので、臭いの成分と触媒との相性が良い場合は、かなりの威力を発揮する他、導入・運用コストともに低く済ませられます。似たものとして光触媒分解法も知られており、より強力に脱臭能力を持つため、様々な場面で利用されています。ただしフィルタや表面にホコリやゴミが付着すると勝利能力が落ちるという課題があるため、定期的な清掃が求められます。省スペースでも利用できる脱臭装置が、酸素クラスター法です。

空気中の酸素を放電によりイオン化する際に生じる±イオンが、臭気成分を覆って分解します。イオンを発生させるため電気を消費しますが、導入コストが低くすむほか、省スペースで対応できる、空気を触媒とするため薬剤などの原料が不要です。ただし濃度の高すぎる臭気だと効果が低下したり、定期的な換気とイオン生成管を使用するためメンテナンスが求められます。それぞれに特徴が違っており、周期成分の濃度や成分によっては強力に脱臭します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*