吸着により臭いを取る脱臭装置

販売されている脱臭装置の中には、嫌な臭いを吸着させることで、悪臭を取り除いているタイプの製品もあります。このタイプの装置に使用されることが多いのは、臭いを効率的に吸収することができる素材です。悪臭を吸い取ることができる素材として使用されることが多いのは活性炭などの素材です。活性炭とは吸着力を強めるために改良した炭のことです。

活性炭と通常の炭の大きな違いは表面の部分にあります。通常の炭の場合には、表面にそれほど凹凸はありませんが、活性炭は表面に小さな穴が多く開いています。こうした穴がいくつも開いていることで、臭いを効率的に吸収することが可能になっています。脱臭装置に使われている活性炭はさまざまな材料を使用して製造することができます。

よく使われることが多いのは木材です。通常の木材の他におがくずを使用して作られることもあります。ヤシの実の殻を利用して作られることもあり、動物の骨などが原料として使われることもあります。臭いだけでなく、色素を吸収することもできる素材です。

活性炭を使用した脱臭装置を使用するのに向いているのは、あまり濃度が高くないタイプの臭いです。また風量が多い悪臭を消したい場合にも適しています。装置が簡単な構造であることもこのタイプの脱臭装置の特徴になっていて、さまざまな場面で利用しやすいのがメリットです。臭いの濃度が高いところでも、頻繁に活性炭を交換すれば効率的に悪臭を吸収できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*