臭いの悩みに脱臭装置

飲食店の前を通ると良い香りがして食欲がそそられますが、それとは反対に換気扇からはなんかくさいなと感じるようなにおいがしてくることも。この臭いが原因で周辺の住民から苦情が出たりトラブルの原因になったりすることがあります。このような人が不快に感じるような悪臭は悪臭防止法によって規制されており、これは工場などの事業活動よって発生してしまう悪臭を対策することで住民の生活を安全に守るといった法律です。都道府県知事や市などが指定する規制地域内の工場や事業場が対象とされています。

この悪臭対策を怠ったままで、苦情が出てしまうと事業者の方では対策が必要となり、規制基準を超えたまま悪臭を放置し続けると場合によっては罰則の適用もあるのです。においの出るものには蓋をしたり、換気扇の場所を考慮したりしてできるだけ悪臭を出さない工夫は大切ですが、製造や作業の過程で臭いが発生してしまうのは仕方がないもの。においが発生してしまう環境を改善するために脱臭装置が利用されています。においにはさまざまな種類があるため、脱臭装置の消臭方式にもいくつか種類があります。

燃焼法はにおいの元となっている成分を燃焼させて分解する装置で、吸着法は活性炭などににおい成分を吸着させて除去します。においの種類やコスト面などから適切な装置を選ぶ必要があります。脱臭装置は事業などの生産活動と近隣の住民の快適な暮らしのために必要不可欠なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*