どんな工場でスクラバーが活躍しているのか

様々な原材料を扱う工場ではそれに伴って、あらゆる粉塵や排ガスを発生させることも珍しくありません。そのまま何も対策をせずに放出すれば、労働環境の悪化で生産効率が落ちるだけでなく、従業員の健康にも何らかの支障をきたします。それどころか工場外の大気中にまで放出されると、近隣住民や自然環境にも深刻なダメージを与えることにもなり得ます。工場がこのようなリスクを負わないためにも、速やかに対策をすることが求められます。

そこで期待されるのが、スクラバーと呼ばれる浄化装置や脱臭装置です。これは粉塵や有害ガスあるいは悪臭などを、特殊な仕組みで吸着や水洗浄あるいは薬液中和といった方法で処理し、浄化された気体を大気中へ放出します。この装置さえあれば、とりあえずは有害なガスや粉塵などによる健康被害や苦情を抑えることができるでしょう。ただし一口にスクラバーといっても多種多様なタイプがある上、工場の設置条件やニーズも幅広く多岐にわたります。

そのため工場ごとに見合ったタイプを選んで設置することが求められます。例えば人体に有害な物質で知られるホルムアルデヒドや、強い臭気を持つ有機溶剤等を扱う化学工場では、吸着方式や洗浄方式のスクラバーが最適。また雑菌やバクテリア等の生物が繁殖して異臭が発生しやすい、下水およびゴミ処理施設や食品工場または肥料製造工場や飲食関係のお店などでは、生物脱臭方式のスクラバーが活躍するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*