スクラバーって何?どんな役目をしているかを解説

スクラバーと言ってもほとんどの人が知らない、名前すら聞いたことがないはずです。なぜなら一般の人が目にすることがないからで、仕事で工場勤務のなどは目にしたことがあるかもしれません。この装置はいわば空気をきれいにする装置で、工場などで製品を生産すると、有害なガスや製品を加工した時に発生する鉄粉などが混ざった空気が発生します。これをこのまま外に放出すると大気汚染を起こしたり近隣に住んでいる人に悪臭などの被害、場合によっては健康被害を及ぼすこともあります。

この有害物質を含んだ気体から不純物を取り除く役目をしているのがスクラバーです。スクラバーには種類がさまざまあり、設置する場所や不純物の種類にあうものが使用されています。よく使われているものはフィルター式のもので、発生した気体がフィルターを透過することできれいにしています。含まれる有害物質によって異なるフィルターが使われていて、定期的にフィルターを取り替える必要があります。

水を使って取り除くものもあり、循環している水を透過することできれいにします。水といってもただの水ではなく、有害物質を中和させる作用のあるもので、水は循環しながら途中清浄されるので何度も繰り返し利用できます。最近はこの水循環システムがランニングコストもかからないことから広く利用されていて、使用する上での精度の管理は発生した気体の放出する気体を計測して、基準を満たした無害な気体に変えていれば稼働できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*